未分類

妊婦のカンジダ膣炎はお腹の胎児に影響はある?

お腹の赤ちゃんの発育に妊婦のカンジダ膣炎が影響を及ぼすことはありません。ただし、出産の際に、赤ちゃんが感染してしまう恐れがあります。そのため、出産の前に治療する必要があります。

胎内のカンジダが赤ちゃんにうつる可能性がある

カンジダ菌は女性の膣内に感染します。そのため、普通分娩による出産の場合、赤ちゃんが産道を通るときにカンジダ菌に接触し、感染してしまう可能性があるのです。

母親に感染している病原体が赤ちゃんにうつることを母子感染といいます。

妊婦のカンジダ症が完治していれば問題ありません。そのため、カンジダ症にかかった妊婦は出産までに治療する必要があります。

出産の際、赤ちゃんは基本的に頭から出てくるため、カンジダ菌が口の中に感染することがあります。また、カンジダ菌は口の中から体の中をとおり、肛門で症状を引き起こすことがあります。

主な症状は肛門周辺の赤みや、プツプツとしたできものです。オムツかぶれと症状が似ており、間違いやすいです。

赤ちゃんにこれらの症状がみられたら、まずはお尻を清潔にすることを心がけましょう。カンジダ菌は湿っている場所を好みます。おしっこやうんちのあと、お尻を拭いたあとは、から拭きもして、お尻がよく乾いてからおむつをはかせてあげてください。

肌が赤くなっているときは通気性のよい布製のおむつがおすすめです。濡れたらこまめにとりかえであげましょう。また、股は前から後ろに拭くことを徹底してください。

後ろから前に拭くと肛門のカンジダ菌が股間にうつる可能性があります。

お風呂では低刺激の石鹸を少しだけ使ってやさしく洗ってあげてください。タオルでゴシゴシこすることなく、トントンと軽くたたくように水分を拭き取りましょう。

また、赤ちゃんの哺乳瓶食器授乳婦の乳首はいつも清潔にしておきましょう。

軽い症状なら自然に治ります。しかし、症状が収まらず赤みが増すようならば、出産した産院で相談するか、小児科を受診しましょう。妊婦のときにカンジダ症であったことを医師に伝えてください。

たいていは処方される塗り薬で治ります。赤ちゃんが大きくなってきてからも、お尻の拭き方をしっかり教え、清潔にすることを教えてあげてください。

カンジダ膣炎を発症したら産婦人科に相談しましょう

妊婦がカンジダ膣炎になりやすいです。カンジダ膣炎は、疲労やストレスで抵抗力が落ち、膣の自浄作用が低下している起こりやすくなります。妊娠中も免疫力が一時的に下がるため、カンジダ膣炎を発症する可能性が高くなります。また、抗生物質を飲んでいるときにもなりやすいです。

男性は自覚症状が出にくいのですが、女性と同様にかかります。

カンジダ症が治癒するまでは、性行為は避けましょう。

女性は産婦人科で膣洗浄膣錠による処置を受けることになります。男性の場合は飲み薬です。また、男女ともに塗り薬が使われることもあります。

急におりものがヨーグルト状になったり、白いぱさぱさしたものとなって出たりします。また、外陰部に熱さやかゆみが出ます。

一方、男性は亀頭に白いカスかゆみ赤みや湿疹が出ます。ただし、男性は症状が出ることがほとんどありません。そのため、気づかないうちにパートナーに感染させるリスクが高いのです。

これらの症状に気づいたら、女性は産婦人科へ、男性は泌尿器科へ行きましょう。女性が産婦人科に通っている場合は、パートナーの分の薬も処方されることがあります。

女性は陰部を清潔に保ち、通気性の良い綿の下着ゆったりした衣服を身につけましょう。

赤くなった陰部は石鹸では刺激が強いので、流水でやさしく洗い流しましょう。ナプキンはこまめに変え、湿らないようにしてください。

男性も亀頭部分を念入りに洗って、清潔にするように心がけてください。

カンジダ症にかかったらパートナーも一緒に治療を受ける必要があります。性行為やタオルの共有によって、パートナーも感染している可能性があるからです。

どちらか一方が治療を受けても、もう一方が治療を受けない場合、性行為によってまた感染する恐れがあります。

妊婦が感染している場合、出産の際に赤ちゃんにうつる可能性もあります。医師が完治したと判断するまできちんと治療を受けましょう。

軽症の場合は患部を清潔にしておくことで自然治癒します。一方、再発しやすいので、注意が必要です。