未分類

トリコモナスは男性にも感染するの?

トリコモナスはトリコモナス原虫という寄生虫が原因で起こります。主な症状は、非常に強い痒みや泡状、黄緑色で悪臭のある、おりものが出る膣炎などです。

寄生虫といっても非常に小さいので目で見ることはできません。顕微鏡で見るとゾウリムシのような形で長い尻尾があります。その尻尾で移動をしています。

女性の膣のように湿っている場所を好むので、乾燥した場所では生きられません。

男性は感染するが無症状なことが多い

女性は症状が重くなりやすい一方、男性は症状が出ないこともあります。症状が出る場合には、尿道の痒みや痛み灼熱感などが起こります。

男性の場合、前立腺炎を併発することが多いです。男性尿道炎(尿から膿が出る)、排尿痛などの多くはトリコモナスが関係しているといわれています。

また、トリコモナスは男性同士では感染はしません。男性と女性の間での感染となります。男性は風俗などで感染し、潜伏期間の間にパートナーに感染させてしまう恐れもあります。

男性は性器が身体の外に露出していて通気性がよいぶん、女性器に比べてトリコモナスが繁殖しにくいのです。

トリコモナスの感染経路は?

トリコモナス原虫に感染する主な原因は、コンドームなしでの性交渉です。オーラルセックスでも感染する可能性があります。

潜伏期間はおよそ1週間で、この期間は症状が出ません。そのため、知らない間に性交渉の相手に感染させてしまうこともあります。

また稀にではありますが、公共の浴場公衆トイレなどで感染した事例もあります。タオルの共有や、感染者と入浴することで感染してしまう例もあります。ただしキスや食器の共有、一緒に食事をとるといった行為で移ることはありません。

予防するにはコンドームを装着することが重要です。感染してしまったら、必ず泌尿器科性病科婦人科を受診して適切な処置を受けましょう。自分が感染していた場合、パートナーも検査を受ける必要があります。

再発することも多いので、完全に体から原虫を追い出すまでは性交渉を避けましょう。完治する前に性交渉すると相手が感染し、自分が完治したあとで相手からうつり、お互いに感染を繰り返してしまうことになるからです。

お互いに感染を繰り返すことをピンポン感染といいます。

トリコモナスを放置しておくとどうなる?

この病気の怖さは症状が出にくいこと(特に男性)また、一度感染してしまうと、治療をしない限り体内で繁殖し続けるという点です。

そしてその原虫を持った男女が性交渉により、次から次へと感染をさせてしまうのです。

また、男女のうち片方しか治療しなかった場合、せっかく治癒しても治療しなかった方と性交渉することで再びトリコモナスに感染します。二人とも治療しないと、お互いに感染させあうことになってしまうのです。

トリコモナスを放置すると、女性の場合、炎症が腟から卵管まで及び、細菌性腟症不妊症早産が起こる恐れがあります。

更に妊婦が感染した場合、産まれた新生児に(主に女児に)感染してしまう可能性があります。

エイズ前立腺がんにかかるリスクも上がるといわれています。

トリコモナスは自然治癒しません。また、抵抗力が低下したときに体内に残っていた原虫がいる場合には再び発症してしまいます。

治療では男女ともに内服薬が使われます。女性の場合は膣に直接入れる膣錠が有効です。病院では膣内の洗浄も行われます。

トリコモナスの薬は市販されていません。そのため、病院を受診し、検査を受けてから薬を処方してもらう必要があります。

個人輸入で薬や検査キットを海外から取り寄せることができます。病院に行くよりお費用が節約できる一方、医師の診察を受けない分安全性は劣ります。

トリコモナスの治療中はお酒を控えましょう。アルコールにより薬の効果が弱まったり、酔いが回りすぎたりするからです。男女ともに2週間は完全に禁酒が必要となります。

トリコモナスの感染はそのほとんどが性交渉です。むやみにコンドームなしでの性交渉をするのは、男女ともに絶対に避けるべきでしょう。