• ホーム
  • トリコモナスの潜伏期間と症状を知ろう

トリコモナスの潜伏期間と症状を知ろう

トリコモナスとは性病の1つで、女性の場合には0.1mmくらいの原虫に感染して膣や子宮頸管に寄生して引き起こされる病気です。
女性が原虫に感染してしまうと、膣や子宮頸管に炎症が引き起こされてしまいます。
また、それだけではなく膀胱や尿道にも感染することがあります。

トリコモナスになると、泡状で悪臭を伴うおりものの症状が現れることがあります。
おりものの色は通常よりも褐色であったり、黄緑色をしています。
それから、膣内に激しいかゆみを感じることもあります。
かゆみの程度が強くて、熱いと感じる場合もあります。
その他にも、外陰部が赤くただれてヒリヒリとした痛みを感じる場合もあります。
その赤くただれてしまった部分が排尿時にしみてしまい、痛みを感じることもあります。

トリコモナスは他の性病に比べると、おりものの変化やかゆみなどの症状が比較的強く現れると言われています。
しかし、感染していても症状が現れない場合もあります。
症状が現れない感染者は全体の20%から50%にものぼると推計されています。

治療をしないでそのまま放って置くと、女性の場合には炎症が卵管まで進んでしまうことがあります。
すると、不妊症などを招いてしまうことがあるので注意が必要です。
また、妊娠している場合には、早産や流産などを招いてしまうこともあります。

トリコモナスの潜伏期間は、女性の場合には一般的に2週間前後と言われています。
潜伏期間とは、感染してから症状が現われるまでの期間のことをいいます。
女性の場合には症状が現れやすく、大体膣から症状が出るとされています。
女性の潜伏期間は、早い人では5日程度と言われています。

また、症状が出ない人が20%から50%いますが、その中の3分の1程度の人は半年以内に症状が現れるので、潜伏期間には大きな幅があります。
それから、新生児や幼児などがトリコモナスを発症することもありますが、その場合の潜伏期間は大人よりも早いとされています。
大体、4日から1週間程度で症状が現れます。

トリコモナスの治療法について

トリコモナスに感染していることが疑われる場合には、婦人科や産婦人科などの医療機関を受診して医師の診察を受ける必要があります。
ただし、自宅でできる検査キットなどもあるので、医療機関を受診するのが恥ずかしいという人でも手軽に検査をすることができます。
しかし、トリコモナスに感染していることが分かったら、医療機関を受診しないわけにはいきません。
トリコモナスに効果的な治療薬は市販されていないので、必ず医療機関を受診して医師から治療薬を処方してもらう必要があります。

トリコモナスの治療には、通販でも購入可能なフラジールと呼ばれる治療薬が用いられます。
女性の場合には膣内の炎症を抑えるために膣錠を使用する場合もありますし、軟膏を塗るなどの治療を行うこともあります。
また、トリコモナスは性病の1つなので、他の性病と同様にパートナーと同時に治療を受けることも大切です。
トリコモナスと診断された場合には、パートナーにも泌尿器科などを受診して検査をしてもらう必要があります。
パートナーが感染していた場合には、治療を終えた後にパートナーから再感染してしまうことがあるからです。

それからフラジールを服用して自覚症状が消えても、トリコモナスが消失したことを確認する検査を受ける必要があります。
治療が不十分でまだトリコモナスが残存していた場合には、再感染してしまうことがあります。
また、最近では薬剤に対して耐性があるものも増えてきています。
そして、女性の場合にはトリコモナスの消失が確認されても、次の月経後にもう一度再検査を受けるのが望ましいとされています。
わずかにでも膣内にトリコモナスが残存していると、月経中に増殖してしまうことがあるからです。

関連記事