未分類

カンジダ症に効くのはヨーグルト?食べ物について

カンジダ症になると、デリケートゾーンに痒みがでて、おりものが臭うようになります。

カンジダ症は、一度治っても繰り返し再発しやすいのが特徴です。症状が出るたびに病院へ行っていると、お金も時間もかかってしまいます。薬局に塗り薬などもありますが、症状が重いと効果がありません。パートナーにも感染していると再発の確率が高まり、相手も処置が必要になります。

一度発症すると困るカンジダ症ですが、食べ物で予防できる可能性があるのです。

この記事では、カンジダ症予防に有効とされる食べ物と、カンジダ症を悪化させる恐れのある食べ物について解説します。

カンジダ予防にはヨーグルトが有効

カンジダ菌は常在菌であり、誰の身体の中にも存在します。また、人体の中に基本的に無害です。

健康なときは問題ないのですが、体力低下免疫力が弱るのをきっかけに増殖して症状を引き起こします。

そのため、体力と免疫力を保持して、自浄作用を維持できれば症状は出にくくなるのです。

カンジダ症予防に効くといわれているのがヨーグルトです。

大腸には、たくさんのカンジダ菌が寄生しています。便秘になると、悪玉菌も増えてカンジダ菌が異常繁殖しやすくなります。そして、排便の際に、肛門から膣内へと感染しやすくなるのです。

ヨーグルトには、乳酸菌が含まれています。乳酸菌は、腸内環境を整える役割をもっています。乳酸菌が腸内関係を整えることで、カンジダ菌の減少が期待できます。

乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。カンジダ症に効くのは、植物性の乳酸菌です。これは、植物性の乳酸菌が生きたまま腸に届くためです。

植物性乳酸菌は、効果的に腸に働きかけ、膣内を清潔に保ってくれます。

また、乳酸菌は膣内を酸性にしてくれる役割もあります。

本来であれば膣内は常に酸性に保たれています。しかし、抗生物質の服用や、細菌の繁殖によってアルカリ性に傾いてしまうことがあります。アルカリ性になると、膣内の自浄作用が弱くなってしまうので、カンジダ菌が繁殖しやすくなります。

そのため、食べ物の中でも特にヨーグルトの摂取が効果的なのです。ヨーグルトで、おりもの異常も改善されます。

ヨーグルトのカンジダ症予防効果は、科学的に証明されているわけではありません。一方、カンジダ症の予防としてヨーグルトを勧める医師もいます。

ヨーグルトを食べる習慣をつけることで、カンジダが再発しにくくなることが期待できます。便通もよくなり、体調も改善されるでしょう。

カンジダ症に悪い食べ物は?

カンジダ症を悪化させやすい食べ物もあります。

そのひとつは、砂糖など甘いものです。はちみつや、ジュース、そして砂糖が含まれている食べ物全般です。

そして、イースト菌小麦粉の入った食べ物も注意が必要です。小麦粉の入った食べ物として、パンやうどんパスタなどがあげられます。

ファーストフードやコンビニ弁当、スナック菓子もカンジダ症を悪化させる恐れがあります。

一説には、味噌や醤油といった発酵食品もカンジダ菌増殖につながるといわれています。キノコも同様です。

カンジダ症にかかっている人、疲れが溜まってカンジダ症が起こりそうな人は、これらの摂取をなるべく控えましょう。

ヨーグルトが苦手な人には、乳酸菌サプリメントが飲みやすくおすすめです。ヨーグルトを毎日食べるのが大変な人はサプリメントを試してみましょう。

乳酸菌は種類によって役割が異なります。デーデルライン桿菌アシドフィルス菌PL乳酸菌という膣内をきれいに保つ乳酸菌が最適です。膣内の臭いや痒みが気になる際には、これらの乳酸菌が不足している場合があります。

サプリメントを購入する際は、これらの乳酸期が含まれたものを選びましょう。

ヨーグルトを摂取しているからといって、それだけで安心してはいけません。規則正しい生活習慣と、食生活を心掛けることも大切です。